HOME>トピックス>採用されやすい年齢を知っておくとが大切である

年齢に見る採用の傾向とは

園児と先生

保育士が転職をするとなると、必ずチェックされるのが年齢です。やはり、20代というのは一番有利で、どこの施設でも積極的に採用に動きます。それというのも、年齢が若いので長く務められるというメリットをどこの保育園も見ているからです。これが30代になると条件が変わってきます。特に、子供がいたり結婚したばかりとなると、将来的に出産などで退職の可能性が高くなるため、場合によっては転職の際に不利になることもあります。逆に、40代の保育士は採用率が伸びています。自分の年齢と将来設計を立てながら、転職をすることです。

求人の多いタイミングを見計らう

求人が多く出るタイミングは、11月から3月にかけてです。11月頃になると来年度の予定を立て始めるため、産休や退職の予定のある保育士はこの時期に希望を伝えます。その希望を受けて来年度の採用を考えるため、必然的にこの時期に求人が出はじめるのです。そのため、転職活動をするのであれば、11月頃から情報収集に動きはじめることが好ましいです。保育士の転職活動が活発化するのは1月から3月ですが、11月頃から情報がポツポツと出始めます。良い求人から採用が決まっていくことから、早めに情報収集に乗り出すことが成功の秘訣です。